JUGEMテーマ:病気

 

  間質性肺炎の中で患者数の多く、治療が難しいとされる特発性肺線維症の患者さんは、50歳以上の男性が多いようです。

 

 間質性肺炎は一般的に喫煙が影響しているといわれますが、特発性肺線維症の患者さんのほとんども喫煙者です。

 

 喫煙は特発性肺線維症の明らかな危険因子です。

 

 他の危険因子としては、ウイルス感染や、逆流性食道炎などもあります。

 

 その他明らかに原因がわかっているものは、特発性間質性肺炎から外されますが、仕事などで粉塵を浴び続けるのも大きな危険因子となります。

 

 

 

 


041.gifご相談はご来店、お電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。
041.gifご相談の場合はゆっくりとお話をお聞きしたいので、お電話でご予約ください。
041.gif勉強会に出席等で休み、営業時間変更の場合もございますのでHP等でご確認ください。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから

 

 

 

コメント
コメントする